クローゼットの選び方


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ >

クローゼットの選び方

部屋を片付けるだけでなく、大切な衣類や小物類を整理し、守ってくれる頼もしい存在のクローゼット。美しい収納は、洋服の着回しにも一役買ってくれます。部屋の広さや雰囲気、収納する衣類の量や種類など、ご自分にぴったり合った商品を選んで、上手に利用しましょう。失敗しない商品選びのポイントをご紹介します。




 
選び方のポイント 大きさ

クローゼット選びでまず大事なことは、部屋のサイズに合ったものを選ぶことです。クローゼットの幅は30センチ〜3メートルまで様々。まずは、設置する場所の寸法を測っておきましょう。

スリムタイプも魅力
部屋にスペースがない場合は、スリムタイプを選ぶといいでしょう。隙間に入れて空間をうまく活用することができます。一方、スペースに余裕がある場合は、複数のクローゼットを組み合わせることもできます。

扉の開閉スペースに注意
注意しなければならないのは、扉や引き出しを開閉した時のスペースを十分に確保すること。クローゼットの手前で作業する際のスペースも必要です。


 
選び方のポイント ハンガー派? 引き出し派?

クローゼットを選ぶうえで大きなポイントになるのは、ハンガースペースと引き出し部分の比率です。ブレザーなどハンガーに掛けなければ型崩れしてしまう服が多い人には、ハンガースペース中心のクローゼットがおすすめ。逆に、セーターやジーンズなど折り畳んでも大丈夫な服が多い人は、引き出し中心のクローゼットが適しています。



 
選び方のポイント 収納力

クローゼットを選ぶときは、収納したい服が十分におさまるものを選びましょう。まずは、持っている服のボリュームを把握することが大切。これから服が増えることも考えて、ある程度余裕を持ったサイズのものを選ぶといいでしょう。

上付き棚
上置き棚を設置できるクローゼットなら、後で収納力をアップできるので便利です。天井につっぱりで固定することで、耐震性もアップします。

小物のスペースも確保
カバンなどの小物は、洋服と同じ場所に置いてあると出かける時に便利。手持ちの小物類が多い人は、上部や下部に棚がついたクローゼットを選びましょう。


 
選び方のポイント 可動式の棚

クローゼットは、大きな空間を棚で仕切って使うのが一般的です。棚には、衣類、かばん、雑貨など様々な物を収納できます。棚が可動式のタイプなら、入れる物の高さや量に応じて棚を動かすことができて便利です。


 
選び方のポイント 扉・カーテン

クローゼットには、扉やカーテンが付いたタイプと、付いていないタイプがあります。扉やカーテンがないと、物がすぐに取り出せますが、中が丸見えになってしまい、部屋が雑然とした印象になります。
扉の機能性
クローゼットの扉の裏側に、小物を収納できる「ポケット」や鍵をかけられる「キーフック」がついていると、とても便利です。扉に部分に鏡がついているタイプも、女性にたいへん好まれます。


 
選び方のポイント ハンガー部分の高さ

クローゼットのハンガー部分の高さも、大切なポイントです。丈の長い上着が多い人は、シワを作らないためにも、ハンガー部分の高さが十分にあるクローゼットを選びましょう。一方、丈の短い上着をたくさん掛けたい場合は、ハンガー部分はあまり高くなくても大丈夫。ハンガースペースが上段と下段に分かれているタイプなら、通常の2倍収納できます。


ブレザー、スカート等を
主に収納できるブレザータンスタイプ


 
選び方のポイント シリーズ

自分好みの収納空間をとことん追求したい人には、シリーズ化されているクローゼットがおすすめ。複数のクローゼットを組み合わせることで、ベストな収納空間を作れます。

ライフスタイルの変化に対応
シリーズもののクローゼットだと、物が増えたり家族が増えたり、ライフスタイルの変化に応じて買い足せるので便利です。同一シリーズなら、買い足しても見た目の統一感が崩れません。



▲シリーズ商品はこちら


 
選び方のポイント 値段

価格もクローゼット選びの大事なポイントです。家具店やホームセンターよりもネット通販の方が、値段がお手頃です。



クローゼットの種類 >>



クローゼットの選び方 メニュー

選び方

種類

材質


関連コンテンツ

クローゼットとは





トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問

会社概要サイトマップショップ一覧特定商取引法の表記お問い合わせ