選びのコツ


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
クローゼット選びのコツ


手持ちの衣服をまずはチェック

クローゼットを選ぶ時は、まずは自分が持っているアイテムをチェックしてみましょう。ジャケットやコートなどのハンガーに吊るす衣服と、シャツや下着、ソックスなど畳んで収納する衣服がどのぐらいあるか調べます。シルクのシャツなど、しわにならないように保管したい衣類はハンガーの方に含めます。ハンガーに吊るす衣類が多い人はハンガースペースにゆとりのあるタイプを、畳んで収納する衣類の多い人は棚や引き出しなどの収納スペースが多いタイプを選びましょう。

このように、ハンガーを使うか、畳んで仕舞うか、持っている衣類の種類や数によって選ぶクローゼットのタイプも自ずと決まってきます。


ハンガータイプと引き出しタイプの組み合わせで、自分にあった収納がきっと見つかります。



色やデザインを合わせよう

クローゼットは単体で見て決めるのではなく、自分の部屋の雰囲気に合わせた色やデザインを選びましょう。特に、高さがある家具なので、部屋の中に置いた時に圧迫感を感じないように、壁や床の色と色調を合わせるのがおすすめです。

収納スペースが足りないと感じる場合は、スペースを増やすことよりも収納の仕方をもう一度見直してみましょう。きちんと収納しているのにクローゼットに入り切らない場合は、不必要な衣類を処分することも頭に入れて整理し直してみるといいでしょう。


衣類だけでなくバッグや靴なども収納しておけば、お部屋が広く使えます。



扉とカーテン付き、どちらを選ぶか

クローゼットには、扉の付いたタイプやカーテンで開閉できるタイプなどがあります。 扉の付いたタイプはもっとも一般的で、扉を閉めることで部屋全体をすっきり見せることができます。衣服をきちんと片づけてシンプルに暮らしたいなら扉付きを、自分のセンスと個性を活かしてスタイリッシュに部屋を飾りたいならカーテンタイプを選ぶとよいでしょう。

当店では、扉の付いたロッカータイプや整理ダンスタイプ、カーテン付きタイプなど、さまざまなタイプのクローゼットを用意しています。部屋の大きさや家族の人数、あるいは生活スタイルに合わせて、最適な商品をお選びください。


カーテンタイプなら中に箪笥を入れたりと、使い方は自由自在です。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ