布団収納でクローゼットを有効活用!


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
布団収納でクローゼットを有効活用!


住まいの中で、特に場所を取る収納物のひとつが布団です。当然ながら生活には欠かせないものですし、来客が多い家では数組の布団を用意している場合もあるでしょう。日本家屋では「布団の収納場所」といえば押し入れですが、近年では収納はクローゼットスペースのみ、という住まいも珍しくありません。また、一人暮らしのワンルームでは、服や雑貨などを収納に入れると、布団を入れるスペースが残らない……ということも。こちらでは、クローゼットへ布団を収納するための工夫を見てみましょう。



大型収納を「後から」つくる

その季節には使わない布団をしまっておくのに便利なのが、突っ張り棒タイプのカーテン付きクローゼットです。このタイプの商品は、壁面のある程度大きな部分を使って天井と床面を突っ張り棒で固定し、ハンガーバー部分に洋服を掛け、下のスペースには収納ボックスやタンスなどを置きます。布団を収納するのに使うのは、ハンガーバーの上の部分。高さがあるので収納時には少し注意が必要ですが、クローゼットのスペースを余すことなく活用できます。ただし、カーテンタイプのラックは密閉できないので、埃がつかないように布団用の袋に入れて収納しましょう。

来客があったときにすぐに布団を取り出せるように、クローゼット上部でなく下のスペースに入れておきたいという場合には、まずラックを置いて、その上に布団を置きましょう。スチールやプラスチック製のシンプルなラックなら通気性もあって安心です。また、ラック下部にも収納ボックスを置けば、無駄なスペースがなくなります。ボックスにはリネン類をしまっておくと、必要なときに布団と一緒に取り出せて便利です。


▲写真の商品はこちら


布団の収納にはこんなアイデアも

【湿気対策】 布団の収納にあたっては、どうしても湿気が不安になるものです。湿気を防ぐためには、衣装ケースなどの上に"すのこ"を置いて、その上に布団を載せるのがおすすめ。"すのこ"を置けばケースと布団の間に空間ができ、湿気対策として有効なのです。

【省スペース化】 布団は圧縮袋に入れておけば、さらに省スペース。キャスター付きのラックの上に布団を載せてラックごとクローゼットにしまっておけば、いつでもラックごと手軽に取り出せます。毛布などは、たたんだあとにクルクルと丸めると、よりコンパクトに収納できますよ。

【整理整頓を簡単に】 クローゼット内にリビングボードを置いて、棚板で仕切った部分に布団や枕、シーツなどを分けてしまっておくと、整理整頓が簡単にできます。

【そのままインテリア化】 クローゼットがいっぱいでどうしても収納場所がない……そんな方に試してみて欲しいのが、布団をお洒落な布地の袋に入れて、クッションやソファなどのインテリアにしてしまう方法。これなら収納場所に困らず、しかもお金をかけずに快適なソファスペースが作れます。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ