ファッション収納はスッキリ解決


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
クローゼット家具を揃えればファッション収納はスッキリ解決


クローゼットの収納量を増やしたい、雑然とした中身をスッキリ整理したい、クローゼットスペースをおしゃれにしたい、と感じたら、思い切ってクローゼット用の収納家具を揃えてみてはどうでしょう。

「クローゼット」と一口に言っても、ただハンガースペースがあればいいというわけではありません。ハンガーに掛ける洋服の他、畳んで収納しておきたいTシャツやセーター、細々とした下着や靴下、ハンカチ、ベルトやバッグ、ストールなどは、それぞれに形や大きさが異なればベストな収納の仕方も異なります。そのため、クローゼット内にも、それぞれの収納に対応できる家具を用意する必要があるのです。




部屋につくるクローゼットスペース

いくらクローゼットの中を整理しても、ものが入りきらないケースも多いでしょう。そんな場合は、部屋に収納家具を並べ、クローゼットスペースをつくるのもおすすめです。オーソドックスな組み合わせとしては、コートやスーツ、ワンピース類を掛ける「ハンガーバータイプ」、上段にジャケットやワイシャツ、ブラウス、下段にスカート類などを掛けておける「ブレザータンスタイプ」、畳んだ衣類を棚に積み重ねる「整理タンスタイプ」、下着やタオルなどを並べてしまえる「引き出しタイプ」といった家具の配列。これだけあれば、ファッション関係のものは一通り収納することが可能です。置いた家具の上部分にも、ちょうど入る大きさの棚やボックスを置けば、箱物などの靴やバッグなどをしまっておけ、天井までのスペースをすべて使うことができます。

▲写真の商品はこちら


マルチ収納タイプの家具で部屋をスッキリと

ハンガーバータイプやタンスタイプの家具をひとつ減らして、そこにマルチ収納タイプ家具を置くのもおすすめです。扉の裏部分にちょっとしたキーフックや棚がついていて、掃除用具や日用品の予備をしまっておくのに便利ですし、中身は自由にレイアウトすることができます。雑貨を部屋に出しておかずに済むので、室内がスッキリと片付くのも助かります。



ちょっとしたクローゼットスペースをつくりたい場合は

部屋にクローゼットスペースをつくりたいけど、わざわざ収納家具を買いそろえるほどでもない、という場合には、突っ張り棒やポールにカーテンやカバーを掛けて、部屋の一角をクローゼットスペースにする方法がおすすめです。突っ張り棒は天井面と床面で固定でき、横幅も伸縮が自在なので、スペースに合わせて調整できます。ハンガー部分の下にはスペースができるので、衣装ケースやタンスなどの家具を置いても良いでしょう。家具タイプのクローゼットでは扉の開閉のためのスペースを確保する必要がありますが、ポールを使えばカーテンの開閉のみで済むので邪魔にならないのもポイントです。白系の明るい色の布地を選べば、部屋を開放的な雰囲気にすることができますよ。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ