マルチに活用


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
クローゼットをマルチに活用


衣類だけでなく日用品も収納

衣類を整理するクローゼット。しかし、部屋のスペースを有効に活用したい場合は、日用品や生活用品もトータルに収納したいものです。化粧品や薬箱、掃除機やハタキなどの掃除道具や清掃道具、裁縫道具、ドライバーやのこぎりなどの工具、ハサミやカッターなどの文房具、予備のトイレットペーパーやティッシュなど、身の回りにはさまざまな日用品や生活用品があります。

これらの品々もクローゼットを活用して収納すれば、部屋は思った以上にすっきり片付けることができます。ただし、日用品は衣類と違って大きめのものが多く、また柔軟性もないので、うまく整理しづらいのが難点。日用品を収納する際は、クローゼット内のスペースを事前に考えてから収納するようにしましょう。


棚のスペースをうまく活用すれば、お部屋がすっきりと片付きます。



日用品は立体的に収納を

掃除機や清掃道具など、生活する上では必ず必要なのに普段は収納場所に困りがちなものもあります。物置のスペースが十分にあればいいのですが、ない場合は部屋の隅に出しっぱなしにしているケースもあります。そんな生活用品も、クローゼットに収納しておけば部屋の中をすっきりと見せることができます。

生活用品をクローゼットに収納する際は、出し入れの利便性に加えて安定性も考えましょう。トイレットペーパーやタオルなどの軽い物は一番上の段に、掃除機など重量のあるものを下に置くことは、取り出す際に多少不便であっても安全かつ安定的に使うための基本となります。

また、クローゼット全体を壁に固定したり天井で突っ張って倒れないようにするなど、地震対策も十分に行うようにしてください。


突っ張り式の上置きを活用することで、収納力と安全性がUPします。



扉の裏側も有効活用しよう!

ロッカータイプで扉付きのクローゼットを使う場合、有効に活用したいのが扉の裏側です。なかには、すでにフックなどが付いたタイプもありますが、さらに扉の裏側にフックを増設して、鍵や折り畳み傘、電気の延長コードなどの軽めのものであれば、アイデア次第でさまざまな物を収容することができます。さらに、扉の幅に合わせた薄型のクリアフォルダーなどを両面テープで張り付ければ、ちょっとした収納ポケットも出来上がります。

当店では、多種多様なものが収容できるマルチロッカーシリーズや、天井に突っ張って地震などにも強い上置き式のキャビネットタイプなど、多目的収納タイプのクローゼットを多数取り揃えています。日用品や生活用品の収納にお役立てください。


扉の裏側を利用すれば、収納の幅が広がります。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ