仕切りのひと工夫で、もっと使いやすく


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
仕切りのひと工夫で、クローゼットをもっと使いやすく


衣類を収納する引き出しにはスタンド式を

せっかく買ったクローゼット。引き出しはいっぱいあるけどなんとなく使い勝手が悪い、衣類をきれいなまま収納するのが大変、という状態になっていませんか? そんな時は「仕切り」を使ってクローゼットにちょっとした工夫をしてみましょう。

引き出しの中にはたためる衣類をしまいますが、取り出すときに崩れてしまう、取り出したりしまったりしているうちごちゃごちゃしてしまう、ということがよくあります。これを改善したい方は、引き出しの中に仕切りを入れてみてください。たたんだ衣類一つひとつの間に仕切りを入れれば、それぞれのスペースが変わらずきれいなまましまっておけます。スタンド式、レール式のものならレイアウトも自由自在。引き出しの大きさや収納するものに合わせて、好きなように使えるので便利です。




下着、靴下などにはボックスタイプが◎

下着、靴下、ベルト、ハンカチといった細々としたものを同じ引き出しに入れるとき、それぞれが混ざってしまってきれいに収納できない、という悩みをお持ちの方も多いでしょう。こういった場合はボックスタイプの仕切りを使いましょう。こちらはスタンド式と違って枠の大きさが決まっていますが、大きさが同じで細かく仕切られているため、量が多い下着や靴下などをまとめて収納するときに力を発揮してくれます。

仕切りを使うと、それぞれを分割することによってどこに何があるのかわかりやすくなります。色別に収納すれば見た目もきれいですし、楽しく選ぶことができます。




空間全体を仕切って無駄をなくしましょう

クローゼットの中にデッドスペースができてしまった場合は、空間を分ける仕切りとして、大きめの収納ボックスを使ってみてください。たとえば新聞や雑誌を直に置くと煩雑になってしまい、積み上げた山が崩れてしまう可能性もありますが、収納ボックスに入れればそうした問題はクリアできます。次の衣替えまで使わないような衣服をしまっておくのもいいですね。クローゼットの中を無駄なく使うためには、引き出しだけでなく、「クローゼット空間全体を仕切る」という考え方が大切です。

さらにこれを発展させると、「クローゼットで部屋を仕切る」という考え方に行き着きます。間仕切り家具としての活用ですね。同じ空間の中で目隠しをしたい、プライベートスペースを設けたいというときもあるでしょう。ある程度の高さや幅があるクローゼットなら、間仕切りとしてお部屋のさらなる有効活用に貢献してくれます。

「仕切り」は空間を整理するうえでとても重要な役割を担ってくれます。お手持ちのクローゼットをより使いやすくするために、仕切りを活用することをおすすめします。


▲写真の商品はこちら





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ