洋服・小物の整理法


クローゼット.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > 参考情報 >
 
一目でわかる、サッと取り出せる!
洋服・小物のクローゼット整理法



▲写真の商品はこちら


洋服や小物を"上手に"整理するのは結構難しいもの。洋服ダンスや押入の奥にしまってしまうと、いざ着よう・使おうとしたときに「場所がわからない」「取り出すのが面倒」となりがちです。そうなると結局着なくなり、タンスの肥やしとなった洋服がたくさんあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

キレイに整理整頓された状態で、着たいときにすぐに取り出せるようにしたい……ときっと誰もが思うはずです。そこで、クローゼットを上手に活用した整理整頓術をご提案します。




収納量を把握することが失敗しないポイント

洋服はさほど頻繁に捨てるものではありませんから、気づいたらどんどん増えてしまっていたという方も多いはず。クローゼットを購入する前に、どれくらいの洋服を収納したいのかをきちんと把握することが大切です。

クローゼットにはいろいろなサイズがありますから、今ある分とこれから増える分、そしてどれくらいのペースで処分して入れ替えていくのかを考えて、ゆとりのあるサイズを選びましょう。




バッグなどの小物がたくさんある方は?

整理したいのは洋服だけではありませんよね。バッグやベルト、ハンカチなど、小物類もまとめて収納しておくと朝の着替えの時間がとてもラクになります。クローゼットを選ぶ際には、小物類も収納することを頭に入れておきましょう。

(1)空きスペースに小物用の整理グッズを置く
洋服をかけて空いた下のスペースに小物用のボックスを置く、あるいは小物整理用にポケットがついたハンガーをかけるなど、クローゼット内のデッドスペースを専用の収納グッズで有効活用するという方法です。

(2)小物収納用の上置き棚を設置する
クローゼットの上にスペースがある場合は、小物用の上置き棚を置くとたっぷり収納できるうえにキレイに整理できます。上置き棚の上面が天井に近くなればなるほど、天井との間につっぱり棒などを入れて固定しやすくなるので、地震のときの落下・転倒防止にもなります。

(3)内部の棚を使う
クローゼット内部の棚を使いたい場合には、可動式の棚板がついているタイプがおすすめです。収納する小物のサイズや高さ、量に合わせて自分で棚の位置を動かせるので、無駄なスペースを生むことなく効率よく整理できます。




小物収納メインならハンガー部分なしのタイプを

バッグや小物をメインに収納・整理したいという方には、ハンガー部分が一切なく、大小さまざまな棚が組み合わさっているタイプのクローゼットがいいでしょう。新たに収納グッズを買い足さなくても機能的に整理できます。



やっぱり便利!開ければ一目でわかる

扉を大きく開けるだけでどこに何があるのかパッとわかるのはクローゼットならではの魅力。それに、どれだけ多種多様なアイテムを収納していても、扉を閉めれば外からはまったく見えません。整理が苦手という方でもお部屋をキレイにできるのも、洋服や小物の収納・整理にクローゼットをおすすめする理由のひとつです。




「参考情報」一覧へ戻る >>






トップページ >>






カテゴリ一覧サイトマップ